PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

プラント・ファンタジー3

前回まで近代的な夜の工業地帯を紹介しましたが
今回は煌びやかな工場ではなく、100年以上の歴史を刻みながら
現在は廃墟になっている足尾精錬所跡を紹介します。

520_0211a.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

壁がほとんど落ち崩れ、ほとんど鉄骨のみの姿に。
520_0211h.jpg
Canon EOS Kiss DN + SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO

精錬所跡へ続く錆びついた廃線。
520_0211b.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

116年前に架けられた「古河橋」。木床版で危険な為か現在は立入禁止。
520_0211c.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

精錬所下に現在も何やら怪しげな色の液体が染み出ていた。
520_0211f.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

亜硫酸ガスによって荒れた山々の痛々しい傷跡。
520_0211g.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

精錬所へ続く廃線は鋼材や材木で阻まれている。奥は本山小学校。
520_0211d.jpg
Canon EOS 30D + TAMRON SP AF17-50mm F2.8 XR Di Ⅱ

変電所らしき建物跡。
520_0211e.jpg
OLYMPUS CAMEDIA FE-190

スポンサーサイト

| 風景 | 21:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

なかなか雰囲気があって良いですねぇ・・・。
と、書きたいところなんですが、実は小さい頃、この写真みたいな所に住んでいたんですよ。

住んで居たのはここです。
http://home.f01.itscom.net/spiral/kita/kita01.html

今はもう、今回の写真と同じ「廃墟」になってしまっていて、それはそれで複雑な気持ちですが
一方で懐かしい、ちょっとキュンとした気持ちになったりします。
ここにも、僕のような「可愛い」少年たちの笑顔がいっぱいあったんでしょうね(笑)

もし叶うなら、生活していた人が使っていた食器や、子供たちのお人形などの写真が撮れれば
素晴らしい作品になると思います。

| Sato | 2007/02/12 21:43 | URL | ≫ EDIT

ふふふ、いよいよ廃墟登場ですね。
私は廃墟にはうるさいですよ(笑)。
家には廃墟の写真集も大量にあります。
足尾銅山、素敵ですね。
やはり、美しいと思ってしまいます。いいですね。
もっと、掘り下げて撮ってほしいです。
シリーズ化どうです?

| 広角機動隊1号 | 2007/02/12 21:44 | URL | ≫ EDIT

足尾銅山ですか。
また、美味しい場所へ行かれましたね。
廃墟好きにはたまらない場所ですからね。
足尾銅山は、
その廃墟や寂れた雰囲気だけでなく、歴史的背景とリンクして、
更に深みが増していく・・・そんな感じです。
広角機動隊1号さんも言ってますけど、
シリーズ化、いいですねぇ。是非!!

| tamon | 2007/02/12 23:39 | URL | ≫ EDIT

satoさん
satoさんは青森出身だったんですか?
広角機動隊1号さんと同郷ですね。
かつてはどこの鉱山や炭鉱でも繁栄していて
子供達も大勢遊びまわっていたんでしょうね。
足尾町もかつては栃木県下第二の人口を誇っていたようですが
今は過疎化で実際撮影に行った時もお年寄りしか見かけませんでした。

この日は関東平野は晴天でしたが、足尾は小雪が舞ってました。
周辺には何箇所か集落跡が残っているらしいですが
時間的に制約があり撮る事が出来ませんでした。
また数ヶ月のうちに再訪してじっくり回りたいですね。

広角機動隊1号さん
えっw(゚o゚)w
廃墟の写真集を大量に持っているんですか?
それに比べたら僕のは幼稚園生のお絵かき程度です。
今回は無計画で行って来たので
今後再度足尾に訪れてみたいです。
そうそう、日本のマンチェスター富岡製糸工場も外せません。
シリーズ化してみたいですね。
フォトアルバム全然整理付いてませんが
そろそろまとめなければ・・・(汗

tamonさん
足尾銅山は400年の歴史があるようですが
今でこそ交通が整備され人が簡単に行けますが
昔こんな山奥でよく発見する事ができたなと不思議で仕方ありません。
今回は工場の延長上で足尾に行って来ました。
廃墟もまた記録として撮っておきたい素材です。
カテゴリーももう少し細分化した方がよさそうですね。

| EyeMode | 2007/02/13 21:40 | URL | ≫ EDIT

これは正直、見入ってしまいました。
かなりヘビーですね。重厚です。
私も廃墟好きです・・・たまりません。

| 824 | 2007/02/15 00:20 | URL | ≫ EDIT

寒さで手ブレしてしまったものもあります(笑
あの壁がほとんど剥がれ落ちている建物なんか
残っている壁も全て無くなるのも時間の問題だと思います。
ちょっと危険ですよね。
あの青いシミもデンジャラスな雰囲気です。

| EyeMode | 2007/02/16 03:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://digitaleye.blog80.fc2.com/tb.php/43-0c0a125b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。